読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

サピ島へ遊びに行こう

観光情報

ゴールデンウィークも後半。コタキナバルにも多くのお客様が観光に来られて、海、山、川などへの現地オプショナルツアーにご参加していただいています。私もお客様と一緒に海洋公園内にある島のひとつ、サピ島へ行ってきました。

 

気ままにサピ島で遊ぼう

人気のサピ島

 

サピ島へのボートは市内にあるステラハーバーホテルにあるヨットハーバーから出発。スピードボートで揺れますが、わずか15分程で行けるので酔っている時間などありませんよ。コタキナバル沖合に広がるトゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園は5つの島から成り、その中でもサピ島は各国からの観光客に人気の高い島です。

 

到着後は、環境保全料として入島料が必要になりますがツアーの場合は料金に含まれているので大丈夫です。Pulau とは“島”の意味。Selamat Datang とは“ようこそ”という意味。このSelamat Datang は色んな所で目にしたり聞いたりすることがあるかもしれません。

f:id:borneo-vacation:20160504121818j:plain

 

サピ島の大部分は緑に囲まれて、大きさは25エーカーほどの小さな島です。東京ドームが2個分とちょっと。海の透明度は高めですが、天候により多少悪くなってしまう日もあります。環境保護にも力を入れていて、現在は魚にパンなどの餌やりは禁止されていますので、ご注意ください。

f:id:borneo-vacation:20160504123643j:plain

 

この日は朝から快晴だったのですが、昼前ごろから雲が出始めてしまいました。でもまぁ、スノーケリングやマリンスポーツには全く影響がないので問題ありませんでした。パラセーリング、バナナボート、フライフィッシュなどのマリンスポーツは有料でその場で申し込めます。ジェットスキーなど危険を伴う物もございますので、十分ご注意してご参加ください。

サピ島の砂浜

 

お昼前になるとスタッフがBBQランチの準備を始めますが、そうするとその付近にはその匂いに引き寄せられて大トカゲが出てきます。水トカゲという種類で、大人しい性格のトカゲですが、手などは出さないようにしてください。以前に私の友達が手を出してしまい、指をがぶり!とやられました。幸いにも千切れる事はなく済みましたが、かなりの傷で数年経過した今でも傷跡は消えてません。

サピ島に生息している水トカゲ

 

ツアー出発時は、Tシャツ&短パンの下に水着を着て来られた方が良いですね。島内にはトイレ内にシャワー施設もありますので、帰る時に着替えを済ませてから島を出発。

朝のボート出発時間は9時頃、サピ島の出発時間は13時30分から14時頃。午後の遅い時間になると、波が高くなってくるので早めにボートに乗って港へ戻ります。

ツアーは早めに終わるので、その後はホテルのプールで過ごしたり、市内散策に出かけたりする時間はたっぷりあります。

この日のお客様の中の1組は郊外のホテルに宿泊されている方。市内でショッピングをしてから帰りたいとのことで、市内で車から降りて行きました。そこからホテルへはショッピングセンター付近に止まっているタクシーで戻ることができます。

 

ではでは、残りGWを楽しくお過ごしください。