読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

ヤモリは我が家の住人

南国のボルネオ島コタキナバル。民家の壁や屋根、5つ星ホテルの部屋の中でも出没する可愛い生き物。もちろん我が家にも出没します、というか住んでいると思います。夜になるとよく台所付近で大きな声で「キ、キ、キ、キッ」と鳴いています。意外と大きな音なので、夜中に聞くとちょっとびっくりします。

よくお客様から「夜中に何かの鳴き声が聞こえて怖くてよく寝れなかった」と言われることもあります。

 

可愛いヤモリの子供も住んでいます

家のヤモリ

 

ヤモリはすばしっこいのでなかなか捕まえるのは大変。

この子供のヤモリ、ちょっと元気がなかったのでちょっと心配です。

病気なのか空腹なのか私には分かりませんので、

とりあえず、いつも鳴き声が聞こえる所あたりで放したら、

すぐどこかへ逃げて行きました。

 

ヤモリは害がないので、見つけてももちろん殺したりしませんし、

逆に、虫を食べてくれるので助かります。

 

生きた物しか食べません。ハエ、クモ、ゴキブリ、蚊も食べるようです。

ただ、実際に食べている場面を見たことはありません。

幸いにも我が家はゴキブリがほとんど出ないので、

ちゃんと、始末してくれていると勝手に思っています。

 

アリを食べてくれたらもっといいのですが、アリはほとんど食べないみたいです。

日本でペットとして飼っている人は、生きたコオロギを買ってる人が多いと聞きます。

 

ヤモリに毒は無いので、このように手に乗せてて、万が一噛み付かれても大丈夫です。

噛み付かれたことはありませんが、痛くないようです。

何でか? ヤモリには歯がありません。

 

それに比べて、よく間違えられるイモリは毒を持つ種類もあるので、

簡単に触ったりするのは怖いですね。

 

よく夜になると台所で「ガサガサ」音がします。

ゴミを捨てに行くのが面倒な時は、

台所で出たゴミを小さなゴミ袋に入れてぶら下げているのですが、

その中によく入って、ガサガサしています。

生ゴミなんて食べないので、それに寄ってくる虫を探しているのかもしれません。

 

家を守ってくれるヤモリ、

ホテルの部屋などで出ても、

スリッパなので、叩いて殺さないで下さいね。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com