読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

ボルネオ島の蛍について

こんにちは、コタキナバル現地ツアー会社のブログです。

ボルネオ島旅行の楽しみはいろいろですが、人気の1つは野生動物見学と自然のイルミネーションが美しい蛍鑑賞。ボルネオ島固有種の動物はもちろんですが、蛍もなかなか日本では見れませんので、初めて見た!というお客様が多いです。

 

ジャングルでの夕焼け後の蛍鑑賞

ガラマ川の夕焼け

 

ここサバ州に生息している蛍に関して。

そもそも蛍は甲虫目( コウチュウモク)ホタル科の昆虫。

カブトムシやクワガタ、てんとう虫も甲虫目のようです。

 

世界で何種類いるのか?

世界で100属以上、約2800種類と言われていますが、まだまだ近年でも新種が見つかったりしているので、これからも増えていくと思います。

ちなみに私がマレーシアに来た10数年前には約2000種と聞いていました。

 

サバ州で見れる蛍は?

マレーシアで見られる蛍はPteroptyx プテロプティクス属の8種類

サバ州で見られるのはそのうちの下記の5種類。

1. Pteroptyx Tener

2. Pteroptyx Beami

3. Pteroptyx Malaccae

4. Pteroptyx Valiola

5. Pteroptyx Gelasina

場所により生息している種類が違います。

 

我々のジャングルクルーズのツアーで行く場所には1〜3がいると言われてます。

特に多いのが1のTenerで、次は2のBeamiです。

特にBeamiは活発で、点滅しながら木々から離れ、幻想的に舞い上がり、こちら側に近寄って来くるので、これはかなり感動モノです。

ここで見られる蛍の光の点滅は日本のホタルより早いのも特徴のひとつです。

 

蛍の寿命は?

蛍は、卵>幼虫>さなぎ>成虫となります。

成虫までは数ヶ月かかりますが、成虫の寿命は1−2週間

成虫は口が退化して、何も食べず水分しか体に吸収出来ないからでしょうか?

こんな話を聞いたら、点滅して舞う姿に哀愁を感じてしまいますね。

 

綺麗に見れる時間帯は?

暗くなったらいつでも同じように点滅するわけではなく、

19時から22時位の時間帯が一番強く光ります。

オスもメスも光りますが、メスはあまり動きませんが、オスはよく舞います。 

 

どうでしょう、以上が簡単ですが蛍に関する豆知識でした。

 

 

弊社で人気のジャングルクルーズツアーでは、

テングザルなどの野生動物を見て、

夕焼けを見て(天候次第)

蛍を見ます。

たっぷり2時間以上のクルーズになります。

 

他、カヤックツアーも夕食後に蛍鑑賞へご案内しています。

 

ゴールデンウイーク期間もまだまだご予約受付中です!

お待ちしてます。

 

ではでは。

 

 

 

borneo-vacation.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッカウィ・ワイルドライフパークは以外と楽しい

こんにちは、コタキナバル現地ツアー会社のブログです。

今年で10周年を迎えたロッカウィ・ワイルドライフパーク。相変わらず観光客にも、地元の人たちにも人気です。当初は「観光客が動物園なんか行く?」と、正直個人的にはあまり期待していませんでした。

しかし、嬉しいことに予想を裏切り10年経った今でもコタキナバルから行ける人気の観光スポットになりました。

 

ここは野生保護局が管理している動物園なので、絶滅が危惧されている動物たちの保護施設でもあります。地元の幼稚園児や小学校低学年の教育施設としても活用され、遠足で多くの子供たちが訪れます。

 

目当てはやっぱりオランウータン?!

ロッカウィ・ワイルドライフパークのオランウータン

 

人気ですね。

日中は暑いので、あまり活発に動かず、このように日陰でだらけています・・。

 

別の日も、多分同じオランウータンだと思いますが、こんな感じです。

ボルネオオランウータン

 

オランウータンがいる場所は、多くの見学者がいつもいます。

檻に囲まれていない開放的な雰囲気の中で見ることができます。

 

以前はシアターで行われるショーにオランウータンが出てましたが、

現在では出演していません。

でも、この見学コーナーを見ているだけでも、いろいろな動きをしてくれるので、

十分に楽しめます。

 

 

暑い中みんなの前に出てきて愛くるしいポーズで迎えてくれる子もいますよ。

麻袋を頭からかぶって日よけ対策?

日よけ対策をしているオランウータン

 

ローブにつかまりグルグル回転して遊んでいます。

ロープで遊ぶオランウータン

 

オランウータン以外にも、ボルネオ象、マレーグマ、マレータイガー、テナガザル、

などマレーシアに生息する動物たちを見ることが出来ます。

 

 

そして、ボルネオ島固有種のテングザルも人気ですね。

ロッカウィ・ワイルドライフパークのテングザル

ここは檻に囲まれた中で飼育保護されています。

オランウータンほど愛くるしい顔付きではありませんが、、

憎めない顔をしています。

 

でも、やっぱりテングザルを見るなら自然に生息する姿を、

ジャングルクルーズしながら見るのが一番です。

コタキナバル発の現地ツアーでは人気のツアーですので是非ご参加下さい。

 

ロッカウィ・ワイルドライフパークは山を切り開いたアクセスが悪い場所にあります。

行き方はタクシーかツアーに参加する2通り。

タクシーの場合、現地では待機しているタクシーはいませんのでコタキナバル市内から利用するタクシーを必ずチャーターでして下さい。乗車時に運転手さんと料金を交渉してから乗車して下さい。

料金交渉など面倒だという方は、安心送迎&ガイド付のツアーにご参加下さい。

 

今日は、これからテングザルツアー。

何匹見れるか、楽しみです。

 

ではでは、良い週末を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テングザル現れず、、残念

こんにちは、コタキナバル現地ツアー会社のブログです。

ここ2日間、コタキナバル発の新たな観光スポットとなりうる秘密の場所へ張り付いていました。その村へは以前から何度も訪れて村人と親しくなり、いろいろな情報を得ていて、先週初めに「テングザルが毎日出てきている」と連絡がありました。

すぐにでも行きたかったのですが、なかなか行けず日曜日になってしまいました。

 

こんな近くまで、テングザルが出てくるらしい

テングザルが出てくる場所

これが出現する場所。

ボートから陸地へも上がれます。

川沿いにある村人の家の前から木船で10分程。

そこに、村人曰く連日10匹以上出てきた、とのこと。

 

以前の下見の際にも、日頃この川で漁をしている人たちは、

日頃からテングザルは見ている、と言っていました。

ただ、その際にはなかなか見れず、出てきたら連絡する、という話になり、

先週、連絡を受けたということです。

 

昨日は早朝と夕方、今日は夕方に待機してましたが、

残念ながら出てきませんでした。

 

こんな状況だと、まだまだツアーにすることは出来ませんね。

 

でも、蛍はたくさんいて、川沿いの木々に集まって光っています。

すぐ近くには鉄道も走っています。

サバ州立鉄道が近くを走る川

 

今回は残念でしたが、今後も引き続き調査していきたいと思います。

 

日頃、ツアーでご案内している場所では、

テングザルは見ることが出来ますので、安心してご参加ください。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com