ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

これがチキン叩き料理 Ayam Penyet

こんにちは、コタキナバル現地ツアー会社のブログです。

以前にも何度かこのブログでも紹介している鶏肉料理のAyam Penyet

オススメのローカル鶏肉料理ですが、観光客の方への知名度はまだまだ低いです。

美味しいので是非食べて欲しいのですが、コタキナバル市内で食べれる店が少ない。

フードコートで出している店がありますが、味はいまひとつ。。

 

先日、ジャングルクルーズツアーにご参加のご家族から思わぬ一言が・・

 

ランチはAyam Penyetを食べたい!

Ayam Penyet アヤムペニャ

 

そのツアーはランチ付で通常はローカル食堂へご案内して、

ガイドが料理の説明をして好きな物を選んでいただいています。

 

先日のお客様は、ホテルでピックアップ後にすぐに、

「できたらランチはAyam Penyetが食べたいのですが」と。

ピンポイントでこの料理を指定されるお客様は初めてでした。

 

いつもご案内する食堂にもその料理はありますが、

当日は1家族4名様だけでしたので、

せっかくならとちょっと郊外にあるAyam Penyetの専門店へご案内しました。

 

それより、Ayam Penyetは何て呼べばいいのか、、

アヤム・ペンイェット

アヤム・ペニェッ

アヤム・ペニェット

アヤム・ペニャ

などなど、日本語にしようとするといろいろあって難しいですが、どれでも通じると思います。

この鶏肉料理は、ハーブやスパイスに漬け込んだ肉を揚げる前に棒で叩きます。そうすることで身が柔らかくなり、食べる時には骨から身が簡単に取れて食べやすく。

 

Ayam Penyetセットメニュー

Ayam Penyetのセット

辛いのが好きな人はチリソースをつけて

スープの他に付け合わせと出てくるのが、焼きナス、キュウリ、

そしてご飯の横にあるのがテンペという物。

このTempeh テンペ、マレーシア版の納豆?!

大豆を発酵させた物ですが、納豆のような臭いはありません。

 

このお店の鶏肉はしっかり味が付いていて美味しいんです。

念願?のAyam Penyetを食べてお客様も満足されてようでした。

 

この店にはナシゴレンやミーゴレンなどは食べれないので、数組のお客様と一緒の場合にはご案内することが難しいですが、

1組だけの場合なら「ブログで見たAyam Penyetが食べたい!」と言えば、

ガイドが案内してくれるかもしれません・・・。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいココナッツプリン

こんにちは、コタキナバル現地ツアー会社のブログです。

カヤックツアーに行く途中にココナッツマーケットがあります。そこはコタキナバル住民なら誰でも知っている人気スポット。例えて言うなら、東京に住んでたら渋谷はみんな知っている、ってな感じです。

コタキナバル市内からは車で40分位かかるので、わざわざタクシーなどで行くほどの場所ではありません。でも、休みや週末の午後には現地の人たちの車が溢れているのを見かけますので、わざわざ車を運転してそこまで来ているようです。

 

名物はココナッツプリン

f:id:borneo-vacation:20170719235431j:plain

 

10数年前と比べると店の数は倍以上になっていると思いますが、

そこで最初にココナッツを売り始めた店は数年前に閉めてしまったようです。

 

私がカヤックツアーを担当する時は、毎回ではありませんが立ち寄って、

名物のココナッツプリンをお客様にプレゼント!

毎回ではありません・・。

たまにです・・。

その日の気分です・・。

 

それをカヤックする場所で食べながら休憩。

皆さん、美味しいと言って喜んでくれます。

やっぱり女性や子供たちには特に好評です。

昨日と本日のカヤックツアーに参加してくれはお客様には、

気分が乗っていたので、連日プレゼント!

 

コタキナバルのココナッツプリン

プリンと言っても、

このように、1個まるごとココナッツプリンです。

大きいので、2−3人で1個食べるのがちょうどいい大きさ。

 

昨日のお客様はコタキナバルのリピーターで、

以前にこのココナッツプリンを食べたことがあるようで、

「これ食べたかったんです!」と言って、すごい勢いで食べていました。

それほど喜んでくれると、こちらも嬉しくなります。

 

 

今日は雨上がりでしたが、綺麗な夕焼けになりました。

ボルネオ島カヤックと夕焼け

 

 

何度も言いますけど、

毎回ではありません・・。

たまにです・・。

その日の気分です・・。

その日に担当するガイドをおだてたら買ってくれるかもしれませんよぉー。

*宿泊ホテルがネクサスリゾートとラサリアリゾートの場合は、このマーケットは通りませんので悪しからず。。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com

 

 

 

 

 

 

 

ポメロは当たり外れがある果物

こんにちは、コタキナバル現地ツアー会社のブログです。

コタキナバルで食べれる南国フルーツはほとんど何を食べても美味しいです。マンゴスチン、ランブータン、マンゴー、パパイヤ、ドリアンなどなど、食べて不味いと思ったことはありません。

でも今日は当たり外れがある果物をご紹介します。

 

マレー半島原産のポメロ Pomelo

ポメロ

 

日本では文旦(ブンタン)とかザボンとか呼ばれる柑橘系の果物です。

かなり大きな果物なので、切り売りもされています。

マーケットでは頼めばちゃんと皮を剥いてくれますので、

もし、買ってホテルで食べようという場合には皮を剥いてもらいましょう。

 

大きさがどれ位かというと、こんな感じ。卵を並べてみました。

ポメロの大きさ

 

これで約1キロ。100円位で買うことが出来ます。

この果物、皮が厚く、特に上部はかなり厚みがあるので最初に切り取ります。

 

上部を切り落とし

ポメロの食べ方

 

縦に切り込みを入れると、あとは手で簡単に皮が剥がれます。

ポメロの皮

 

白皮を剥くとこんな感じに。

ポメロの実

 

食べた結果は、、、

 

 

残念、ハズレでした。。

甘みはありますが、水分が少なくパサパサ感が。

私が好きな物は甘みはそれほどでなく、ほどよい酸味があるジューシーな物。

今回はハズレでしたが、まぁ食べれます。

 

このポメロ、日本ではボンタンとも呼ばれます。

ボンタンで、ピンときた人いませんか?

 

そうそう、短ランにはボンタンでしたね。

って、思い出した人は50才以上確定です!

※知らない人はググってみて下さい。

 

やっぱりボンタンといえばボンタンアメでしょう!

小さい頃よく食べてました。

オブラートに包まれた不思議な食感の食べ物。

文旦をボンタンと呼ぶ地域もあるみたいです。

f:id:borneo-vacation:20170713185413j:plain

※写真は製造元のHPから

 

キャラメルより弾力がある食感だったような気がします。

噛んでいくうちに歯にくっつく感じも懐かしい。

 

食べたいですねー。

食べたことない方がいたら是非、買ってみてください。美味しいですよ。

 

誰かお客さんで買って来てくれないでしょうかね・・。

 

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com