読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

悪評高いマレーシアのタクシー

情報いろいろ

マレーシアには世界中から多くの観光客が訪れます。そして、買い物や食事などに出かける際に利用されるのがタクシーですが、残念ながら観光客から多くの苦情が観光局などに寄せられています。政府もいろいろ対策を施しているようですがなかなか改善されてないようですね。

私の独断と偏見、個人的な思いですが、そのような苦情は全て?ほとんど?多くがクアラルンプールのタクシーではないかと・・。

 

コタキナバルのタクシーは親切!

f:id:borneo-vacation:20160823200143j:plain

コタキナバルには長く住んでいますが、今までタクシーに乗って悪い気持ちになったこともありませんし、嫌な運転手さんに出会ったこともありません。

メーター制でないので、乗車する前に行き先、料金を確認する必要はありますが、行き先により定額制となっています。運転手さんによっては手作りの料金表を提示してくれる人もいます。

ホテルに待機しているタクシーを利用する場合には、ボーイさんが呼んでくれ料金も教えてくれますので安心です。

ただ、料金は他国の観光地と比べたら割高かもしれませんが、値段交渉の煩わしさがないので、気持ち良く乗車できます。

 

一方、クアラルンプールのタクシーは・・

もちろん、ちゃんとした運転手さんもいますが、嫌な運転手が多いですね。

1.クアラルンプールのタクシーはメーター制ですが、まず使わない

2.近い場所ヘは行かない乗車拒否

3.ラッシュ時は、その混雑している方面へは行かない。行っても高い料金を請求

4.なんだかんだ理由を言って乗車時に確認した料金より高く請求

5.お釣りの小額紙幣が無いと言って、多めにもらおうとする

などなど、、。

本当に出来れば乗りたくありません。

 

下記のような怖い経験もしてます。

訪問先が最寄りの駅からはタクシーを利用するしか手段がなかったので乗車。当然のごとくメーター利用は拒否され、15リンギットで乗車。用事を済ませ帰りもタクシーを利用したのですが、雨が降り始めていたので乗車する人が多くタクシー不足。5分程待ち、今度の運転手は30リンギットとのこと。次のタクシーがいつ来るか分からないし、次の予定があったので仕方なく乗車。

クアラルンプールで利用する時は、料金は出来るだけ乗った時に払うようにしてました。(ほとんどメーターなんて使ってくれないので)最初に払っておけば、下車時に何か言われても無視して下車できますからね。

 

30リンギットを支払って駅までの道中に、、

「来た時は15リンギットだったけど何で?」と聞いてしまった。

「ラッシュ時間だから」とか「雨だから」という理由を言ってくるかと思ったら、

「じゃぁ、降りろ!」と大激怒。運転手のどこかのスイッチがオンに。

そして近くに店など何もない路肩に急停車して、怒鳴りまくられました。

その頃には外はスコールで大雨で出るに出れない状態。

かなり興奮していて自分の身に危険も感じたほど。

なだめたり、謝ったりしてなんとか数分後に発車して無事に駅へ。

 

本当に怖かったですね。実際に、観光客が運転手に襲われたりする事件も発生してます。人気観光スポットで乗車した運転手に切りつけられた日本人観光客もいます。

 

でも、クアラルンプールにもちゃんと安心して乗れるタクシーもあります。車体が明るい青色をしたタクシーで、メーターを必ず使ってくれて、運転手さんも親切・丁寧です。この青色のタクシー以外は待機できないホテルやショッピングセンターもあります。コタキナバルの後にクアラルンプールに泊まるお客様にはタクシーを使う場合には青色タクシーを利用するように言っています。

 

乗車アプリのGrab (My Teksi) や Uber はどうか

コタキナバルにもこの2つのアプリを利用できます。

ただ、コタキナバルではGrab の登録車が少ないみたいです。そこで、ちょっと疑問に思ったのが、登録タクシーはメーター制のはずですが、コタキナバルのタクシーはメーター制ではありません。はて?どうやているのか。メーターを付けた最新のタクシーなのか今度チェックしたいですね。

一方のUber、マレーシアの場合Uberは白タクです。そして、厳密に言うとサバ州では違法行為ということになっています。料金は確かにタクシーと比べると安いですが、所詮は白タクです。運転手情報などが分かるので安心と言われてますが、登録に厳しい制約や面談などもありません。確か、Grab は面談があったと思います。

Uber はタクシー運転手さんにとってはたまったものではありませんね。知り合いの運転手さんも文句言ってます。

使い易く便利なので地元の人はタクシーより安いUber を使っている人も多いようです。コタキナバルでは普段タクシーを利用する機会はあまりありませんが、利用する際にも特に不満はないので、今後も白タクは利用しないでタクシーを利用したいと思っています。

 

バックパッカーは空港へはシャトルバスがおすすめ

コタキナバル空港行きのシャトルバスの時刻表

パッケージツアーの場合には空港送迎付ですが、バックパッカーなどの場合には自分で手配が必要ですね。タクシーだと市内から空港までは30リンギットと高めです。数人の相乗りならいいですが、一人だと大変ですね。

そこで利用したいのが、市内のバンダラン地区から出ているシャトルバス。朝から夕方まで本数も沢山あり、料金も5リンギットと安い。空港までは通常15分位ですが、ラッシュ時には渋滞するので早めに出発して下さい。

 

タクシーを悪評がなくなっていくことを願っています。特にクアラルンプールのですが・・。ひつこいですが、コタキナバルのタクシーは大丈夫です。

 

ではでは