読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

一時帰国中に仙台方面へ

 約2週間の一時帰国から、コタキナバルへ戻ってきてほぼ1週間が経過。毎回そうなのですが、私は胃腸系が弱いためか日本から戻って数日は下痢気味になります。軟水と硬水の違い、料理で使う油の違い、などなど。こちらの食べ物が不衛生というわけではありませんので、ご旅行を予定されている方はご安心ください。ただ、胃腸系に自信がない方は、冷たい飲み物を控えたり、脂っこい料理を食べないようにするなどした方がいいかもしれません。

 

今回もボルネオ島関連のお話ではありませんが・・。

 

朝からたっぷり海鮮づくし

塩釜水産物卸市場で買った海鮮類

今回の一時帰国中に、仙台へ転勤した友人に会いに行ってきました。数十年前に七夕祭りを見に行って以来でした。観光目的ではなく、ただのんびり家飲みできればと思っていましたが、せっかく仙台へ来たのだからとその友人夫婦が連れてってくれたのが車で30分位の場所にある塩釜水産物卸市場。

ここは、規模は小さいですが東京築地市場のような場所。近海で獲れた魚介類は特産品などが売られています。業者以外の一般客も入場できて買うことができます。市場内にはテーブルがあり、そこで買った物をすぐ食べることができます。

 

個数毎に自分たちが食べたい量だけ買えるので便利です。値段はその日によって違う、いわゆる時価というやつですね。

新鮮なウニ

その日のウニは1個500円でした。初めて知りましたが、殻のままのウニのことをガゼウニと呼ぶようです。以前に友人が来た時には1個千円以上したようです。

 

食材を買った後は、テーブルコーナーへ持っていき食事となりますが、ここではご飯セットなるものが買えます。どんぶり1杯のご飯と味噌汁です。

ご飯と味噌汁のセット

 

ちょっと贅沢な朝食でしたが、たまにはいいでしょう。

ここはお勧めです。今回は車で行きましたが、電車でも行けるようです。毎週水曜日が休みのようですので訪問する際はお気をつけ下さい。

 

次回、あと1回だけ東北紀行文とさせていただきます・・。

 

ではでは。