読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

大好きなナシチャンプル

ミックスライス、ぶっかけご飯
 
私のコタキナバルでの食生活は質素なものです。元々、好き嫌い無く何でも食べるのでローカルフードで過ごしています。
その中でも、好きなのがおかず盛り合わせご飯
マレー系のお店はナシチャンプル、インド系はナシカンダー、中華系は経済飯。

おかずがいっぱいのナシチャンプル

呼び名は変わりますが、食べ方は同じです。数種類のおかずが並んでいるので、すきな物を選んでご飯にのせるだけです。カレー類はインド系イスラム教徒のお店のナシカンダーのカレーが個人的には美味しいと思います。
 
何故、このぶっかけご飯が好きかというと、
1.安い
2.早い
3.どんな料理なのか一目で分かる
4.おかずが選り取り見どり
 
3が重要なポイント。マレーシアのローカル食堂ではメニューを置いていないお店が多く、何をオーダーしたらよいのか分からない場合があり、メニューがあってもどんな料理だか不明な場合もあります。一目見てどんな料理か分かるのが良い。
 
食べ方は普通、ご飯+おかず2〜3種類を選びます。自分で取るお店と店員が取ってくれるお店の両方があります。店員が取ってくれるお店では指差しでOKです。
私は、野菜2種、肉系又は魚系1種の3種類を選ぶことが多いです。
値段は内容によって違い、3種類の場合は野菜+野菜+肉より、野菜+肉+魚の方が高く、野菜+野菜+野菜が一番安くなります。もちろん、1種類や2種類だけでも大丈夫ですよ。値段は5リンギットから8リンギット程度ですが、おかずの種類が多いと高くなってしまうので注意。値段は量ではなく種類なので1種山盛りより3種小盛りの方が高くなります。チキンフライや魚丸焼きなどのかたまり物は1ついくらで計算されます。

ナシチャンプルは好きなおかずを選ぶ

ナシチャンプルはぶっかけご飯

マレー系もインド系のお店もイスラム教徒が食べれるようハラルなので豚肉はありません。豚肉が食べたい日は中華系のお店にいって食べてます。
 
現地の人はランチ、仕事帰りなどは持ち替えてオフィスや家で食べる時もあります。
私も家に持ち帰ってゆっくり食べることも多いです。発砲スチロールのような白い容器に入れてくれます。

持ち帰りもできるナシチャンプル

このぶっかけご飯は町中の食堂、ショッピングセンター内のフードコートなどにありますので、トライしてみてはいかがでしょう。

コタキナバルの現地ツアー予約・検索|ボルネオバケーション