読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

今晩の夕食はアヤムペニェ

マレーシアに来て、お肉を食べたくなった時に手っ取り早く食べれるのが鶏肉。マレー系、中華系、インド系などのどのお店に行っても食べれます。特に、ボルネオ島コタキナバルで食べる鶏肉は他より美味しいような、気がします・・。今日は数ある鶏肉料理の中でも、アヤムペニェをご紹介。家に帰る途中の屋台で6リンギットで買いました。

 

アヤムペニェは身が柔らかい

アヤムペニェ

 

これが、アヤムペニェ Ayam Penyet アヤムペニャと言う人もいます

本来はインドネシアから伝わった料理みたいです。

鶏のモモ肉を1つ丸ごと揚げてます。薄い下味がついていて、そのタレが焼けた香ばし匂いがたまりません。これにチリソースを付けて食べます。

 

普通の鶏肉フライト何が違うかと言うと、揚げる前に木の棒などで叩いているのです。そうすることで、出来上がったお肉が柔らかくなり、骨から身が取りやすくなるので食べ易いんです。

Penyet というのは、平らな、平たい、平たくする(叩くなどで)、と言う意味があるらしいです

 

モモ肉を好きな人は多いと思います。チリソースを付けなければ辛いのが苦手な人やお子様でも食べれます。骨を持ってがぶり!と食べてみてはいかがでしょう。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com