読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

インスタント焼きそばの袋を開けたら・・

もう若くはないですが、相変わらずインスタント麺を食べています。

体に良くないよ、とか

塩分多いよ、とか

いろいろ、言われますが、止められませんね。

簡単にすぐ作れて、味もそれなりに美味しいから。

 

今日は休みなので、洗濯・掃除を終えたらもうお昼。外に食べに行く気にならなかったので、6袋入りパックの最後の1袋のインスタントの焼きそばを食べたところです。

今回買った、この6パックはひどかった。。

 

6袋のうち3袋に問題あり

コタキナバルのスーパーではいろんな会社のインスタント麺が売られています。安い物だと6袋パックで100円位から買えます

今回、何が問題だったかというと、、

 

安くて美味しいのでよく買うインスタントの焼きそばです。

マレーシアのインスタント麺

 

通常、中には乾燥麺と味付け用の袋が入っています。

f:id:borneo-vacation:20160703141822j:plain

左:調味料スパイス

真ん中:3つが繋がっていて、ソース、チリ、旨味油

右:揚げ玉ねぎ

これらが揃っているから美味しく食べれますが、、、

今回買った6袋中、

1袋には3つ共何も入ってない

2袋には調味料スパイスだけ(その内1つは袋が開いていた)
 
でも、ここはマレーシア。このようなインスタント麺で調味料が入っていないことってたまにあるんです。今回が初めてではありませんが、6袋中の半分に入ってなかったというのはさすがに初めて。
 
こんなことが毎回あるわけではありませんよ。マレーシアの名誉挽回のためにひとつ、インスタント麺の世界一を決める2014年の大会で1位に輝いたのはなんとマレーシアの会社(MyKuali)でした。サッポロ一番でも、ドン兵衛でもありませんよ。
 
日本へのお土産や自分用として、マレーシアのインスタント麺をスーパーで買い求めるお客様もいらっしゃいます。日本に帰って、開けてびっくり!とならなければいいのですが・・。
 
ではでは