読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

田舎のパン屋さん

ツアーの下見に行ったついでに立ち寄った評判の店。


コタキナバル市内から車で50−60分位の場所にあるパパールという町。

そこに地元で人気のパンを売っている古いお店があります。地元の人たちがコーヒーや紅茶など飲みながら、焼き上がったパンを食べおしゃべりしています。

f:id:borneo-vacation:20160215231436j:plain

カヤジャムとバターを塗ったパンが人気。カヤジャムとはココナッツで作ったジャムで、それとバターを挟んだサンドイッチで、こちらでは“ロティ・カウィン”といいます。ロティはパン、カウィンは結婚という意味。結婚するほど抜群の組み合わせということですね。これは恐らくボルネオ島独特の言い方だと思います。クアラルンプールに住んでいた時にお店でロティ・カウィンを注文すると変な顔をされます。

 

もちもちしててとても美味しいパンで、そのまま食べても美味しい。

ただ、このお店の中国茶の値段がなんと80セント!
他のお店のお茶は30〜50セントなので、このお店のお茶はかなり高いです。。