読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルネオ島の案内人|遊・食・旅 'Blog

ボルネオ島のコタキナバルに魅せられ住み続けている筆者が遊び・グルメ・観光・旅情報などを発信

ダイソーが値上げです

コタキナバルには現在、スリアサバとワンボルネオという2つのショッピングモール内にダイソーがあります。今月より値上がりました。先月下旬にウェットティッシュを買おうとスリアサバ内にあるダイソーに行ったら張り紙が貼ってあるのを発見しました。

 

今のレートで、約150円均一になりました

コタキナバルのダイソー

 

元々は、1品5リンギットでしたが、

2015年4月から消費税6%が導入されて、5リンギット30センになり、

そして、今回は60センの値上がりで消費税込み5リンギット90センになりました。

 

店の入り口には、マレー語、英語、そして日本語で告知されていました。

コタキナバルのダイソーの値上げ案内

 

たかが、60セン、されど60センです。

 

この金額で何ができるか考えてみると、、

食事の際に、中国茶が飲めます。

ショッピングモール内のトイレは有料の所が多いですが、2回入れます。

キャンディーは6個買えます。

 

ダイソーに行ったら1品以上買い求める人が多いと思います。

地元の人も籠いっぱいに買った品物を入れている人も多いので、

60センの値上げは家庭に響くかも。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com

 

 

 

 

地元の人が集まるシーフード屋台

コタキナバルに来たら、是非食べて欲しいのがシーフード。新鮮で美味しい魚介類が安く食べれるので、地元の人たちにも人気です。常に混み合うレストランやアジアっぽく屋台街でビール飲みながら、など楽しみ方は色々。

 

ビールは無いけど、安くて美味しい屋台街

コタキナバルのシーフード屋台

 

ここはセントラルマーケットの横にあるシーフード中心の屋台街。

お客様の多くは地元の人たちです。

 

この付近には、漁港があるので夕方になるとその日に捕れた新鮮な魚介類が並びます。

コタキナバルの屋台に並ぶご魚介類

 

この屋台は比較的新しい場所で、今はほとんど観光客は見かけません。

地元の人たちが、家族連れや友達同士などで食事を楽しんでいる姿を多く見られます。

 

すぐ横は海。

並んだ食材を選んだら、すぐにその場で調理してくれます。

魚、エビ、イカ、カニ、ロブスターなど、新鮮な食材が並びます。

コタキナバルの新鮮な魚介類

 

言葉が分からなくても、

食べたい魚介類を指差しすれば大丈夫。

あとの調理方法は適当にお店の人がやってくれます。

 

コタキナバル市内中心にあるので、買い物がてら立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

タンジュンアルビーチで暇つぶし

シャングリラ・タンジュンアルリゾートでの用事を済ませ、ちょっと時間が空いたので久しぶりに近くのビーチを歩いてきました。

この付近にはタンジュンアル1st〜3rdビーチまであり、浜辺を歩けば1stから2ndは歩いて行き来できます。地元の人たちに人気の1stビーチはホテルからも徒歩で数分なので宿泊客も簡単に行くことができます。

 

ビーチに打ち上げられた物体

タンジュンアルビーチ

 

天気は快晴でした。

木陰では地元の人たちが恐らく持ち寄った食料を食べながら、

楽しそうに過ごしていました。

 

太陽の光に反射して光る物体がいたるところに、、

タンジュンアルタンジュンアルビーチを散策

 

近寄って見ると、

タンジュンアルビーチのクラゲ

 

クラゲでした。

触るとグニャグニャ。まさに、ジェリーフィッシュ。

浅瀬を浮遊してたら、引き潮になって浜辺に漂着しちゃったんでしょうね。

恐らく、皆死んでしまっていると思います。

 

このように、水分が残る水打ち際にも沢山。

大量のクラゲがタンジュンアルビーチに

コタキナバルのビーチで見つけたクラゲ

水々しく見えたので、

まだ、ひょっとしたら生きてるかも、と思って、

数匹、海の中へ戻してみましたが、、、

どうなったのかは不明です。

 

裏返してみると、

f:id:borneo-vacation:20170221203918j:plain

足?のようなものもちゃんとありました。

 

みんな、黒い斑点があり同じ種類っぽいですが、

ちょっとネットで調べてみましたけど、名前は分かりませんでした。

 

表側は手で触っちゃいましたが、何も異常ありませんが、

足はヤバイと思って触りませんでした。

 

 

このビーチは夕陽が綺麗に見れるスポットとして地元の人たちに人気なのですが、

最近は政府?の開発プロジェクトが進んでいて、レストランや売店などは閉鎖させられ、屋台街しか残っていません。

その屋台のお店も以前に比べると活気もなくなり寂しい限りです。今後、屋台街も閉鎖されてしまうのではないでしょうか。

タンジュンアルビーチの屋台街

 

開発で綺麗なビーチや自然が無くなってしまうのは残念。

良いものを残しつつ発展できないでしょうかね。

 

ではでは。

 

borneo-vacation.com